各種取扱保険

損害保険とは、偶然生じた損害を負った時のために備えておく保険のことです。そのため一定額の保険金が支払われる生命保険とは違い、損害額により保険金の支払いが変わる「実損払方式」が一般的です。
また、地震、水害などの自然災害やケガ、盗難、損害賠償責任など、損害よって必要な保険の内容も変わってきます。当社ではお客様のライフスタイルに合わせて様々なリスクに対応できるよう、多様な保険を取り揃えております。

主な取扱保険

【 火災保険 】

火災保険とは、建物や家財が火災や風水災に遭った時の損害に備えるための保険です。
火災保険に加入せずに住宅ローンを組むと、火災などで建物が損害を受けた場合に、ローンの残債だけが残ってしまいます。たとえ出火元が自宅ではなく隣の家であったとしても、法律によって出火元に損害賠償は請求できない決まりのため、火災保険に加入していないと損害が補償されません。このため、住宅ローンを組む際は、火災保険への加入が必須となっています。
具体的な補償の対象となる災害は下記の通りです。
[火災 ・ 落雷 ・ 破裂 ・ 爆発 ・ 風災 ・ ひょう災 ・ 雪災など]

当社では、下記のような項目に対する補償もセットになっている商品やプランもご用意が可能です。
[水濡れ ・ 物体の落下 ・ 飛来 ・ 騒擾 ・ 盗難 ・ 水害]

また、火災保険では補償の対象が建物と家財で分かれているので、各々個別に契約を結ぶことが必要です。 建物の補償対象は「建物本体と門・塀・物置・車庫などの付属建物」、家財の補償対象は「建物の中に収められている家具・衣服などの日用品」です。 住宅ローンを組む際は火災保険に加入して、放火や自然災害など予測できない事態にしっかり備え、命はもちろん、家計へのダメージも少なく済むよう火災保険で家族の未来をしっかりと守りましょう。

【 地震保険 】

地震保険は、建物や家財が地震により損害を受けたときに補償を受けるための保険です。
地震保険は単独では加入することができません。必ず火災保険とセットで加入しなければいけない決まりです。火災保険では火災や風水災害による建物や家財の損害に関しては補償対象となりますが、地震・噴火・津波などによる建物の損害は基本的には補償の対象外となります。地震保険では、火災保険でカバーしきれない地震・噴火・津波被害などのリスクを減らすための保険となります。

【 自動車保険 】

自動車保険には大きく分けて2つあります。自動車を使用する際に法的に加入が義務付けられている「強制保険(自賠責保険)」と、加入がそれぞれの自由に委ねられている「任意保険(自動車保険)」があります。
「強制保険(自賠責保険)」では対人賠償だけが対象になります。また、支払われる保険金に上限が設定されているので、その保険金だけで損害賠償額を賄えないケースが想定できます。
「任意保険(自動車保険)」は、自動車事故が起こった時に上記の自賠責保険でカバーしきれない対人賠償・対物賠償のリスクに備えるための保険です。もし自動車事故で他人や他人の車やバイク、物などを傷つけてしまった場合、その損害賠償額はとても高額になることが多いです。そうした自賠責保険で足りない部分を補てんするため、車を購入した際には任意保険(自動車保険)に加入するのが一般的になっています。

【 個人賠償責任保険 】

個人賠償責任保険とは、日常生活の中で偶然起こる事故、例えば他人にケガをさせたり、他人の物を壊したり、犬の散歩中に犬が他人にかみついてケガをさせてしまったことで、法律上の賠償責任を負った場合に補償してくれる保険です。
近年ではスマホをみながら自転車を運転し、子どもや高齢者との接触事故が多発しています。このような事故で場賠償金が高額になる事例もあるので、そうした経済的なリスクをカバーしてくれるのがこの保険の特徴です。またこの保険は、1世帯の1人が加入すればご家族全員を保障することができるので、家族が全員が安心して日常生活を送れるよう是非とも準備しておきたい保険の一つです。

お問い合わせ

©2020 3ZERO,Inc.