売りたい

不動産の売却には、 「相続財産の処分」 「住み替え」 「少しでも高く売りたい」 「訳あってすぐに不動産を手放したい」 「現金化したい」 などなど、さまざまな事情や理由があるものだと思います。
不動産を売りたいお客様には、まずしっかりとお話をお聞かせいただいてから、経験豊富なスタッフがお客様にとってベストな方法をご提案いたします。もちろん秘密厳守でご相談を承りますのでご安心ください。

簡単無料査定はこちら

不動産売却の3つの方法

売却には 「買い取り」 「仲介売却」 「任意売却」 3つの方法があります。
売却をご検討中のお客様に対して、どの売却方法がベストなのか、しっかりと見極め、事情や理由を理解したうえで、売主様に寄り添ったご提案を心掛け、ご納得頂ける方法をご提案いたします。

「買い取り」

~高く売るよりも、「早く売りたい」人向け~

「買い取り」は、不動産を 「訳あってすぐに手放したい」 「できるだけ早く現金化したい」 ような方におすすめの売却方法です。
不動産会社が売り手(売主)から直接物件を買い取りますので、買い手(買主)を探す仲介売却よりも早く確実なご売却が可能となります。但し、この場合、仲介売却(市場価格)より低い価格での買い取りになってしまいます。理由は簡単で、不動産会社が利益を上げるためには、買い取りは市場価格より低くなければならないからです。

さんぜろ不動産では、岡山市を中心に多くの売買サポート経験をしてきたスタッフが、適正価格(市場価格)の査定額をお伝えしたうえで、買取価格をご提示します。その理由や裏付けもしっかりとご説明させていただきます。

「メリット」


・仲介業者が入らないので手数料が不要

・短期間で売買が成立し、すぐに現金化できる

・売却を近所に知られずにできる



「デメリット」


・仲介売却に比べて価格は安くなる

「仲介売却」

~1円でも高く売りたい、納得した金額で売りたい人向け~

「仲介売却」は、不動産会社が売り手(売主)と買い手(買主)の間に入って不動産を売却する最も一般的な方法のことです。売主様に代わって、不動産会社が買い手を探すための告知や宣伝を行います。
「出来るだけ高く売却したい」「適正価格で売却したい」ような方は、この仲介売却がお勧めです。

しかし、買い手を引き付けるためには売却物件の価格設定がとても重要です。
さんぜろ不動産では、単に「適正価格(市場価格)」=「査定額」とするのではなく、現在と過去の取引事例も精査して、ライバル物件と比較されてもより早く成約に結びつけるための「方法(戦略)」と「戦略価格」をご提示します。
もちろんその詳細や裏付け、理由についてもしっかりとご説明させていただきます。
例えば、ライバル物件の特徴や価格の変更履歴、過去の取引事例からライバルになりえた物件の頻出率なども一緒にご確認いただく事もできます。
正直に誠実に、スタッフの「経験」「実績」「知識」と「地域の特性」、そして「過去から現在までの情報」を提供し、根拠を示して戦略上の査定額をご提示します。売物件を預かったら早く買い手を見つける!それが、さんぜろ不動産の考えるお手伝いです。

「メリット」


・不動産買取よりも高い価格で売却できる

・住みながら売却活動ができる

・告知や宣伝活動の費用は、不動産会社が負担する
 ※物件によっては例外も有ります



「デメリット」


・売買が成立する時期が読めない

・住みながらの売却の場合、見学者が家を訪問することがある

「任意売却」

~競売で資産を失う前に売却を検討したい人向け~

「任意売却」とは、競売にかけられる前に債務者が債権者の承諾を得て売却する方法です。通常の仲介売却では住宅ローン全額を返済できない場合に任意売却を検討することになります。但し、前もって債権者との調整や同意が必要ですから、まずは調整を代行する不動産会社に相談するのが良いですが、不動産会社の経験値や対応力によって結果が大きく異なります。

弁護士に相談が一番では?と思われる方も多いですが、弁護士には不動産を査定できる知識や経験はありません。債権者との交渉には「幾らでなら売却が可能なのか」「本当に売却できるのか」「何時迄になら売却できるのか」を提示することが必要です。
さんぜろ不動産には金融関係との交渉に長けたスタッフが在籍しており、必要によって弁護士・司法書士もご紹介出来ますので安心してご相談ください。

お問い合わせ

©2020 3ZERO,Inc.